読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらまめ育児日記

アラフォーかあさんの育児日記とその他。2012.11♂と2015.10♀。

長女出産の日の記録

4:00

なんとなく痛みを感じて起きる。痛みは強くないが、8分おきにキューっと張る感じ。
シャワーを浴びておく。リビングで新聞を読む。

5:00

息子が「おかあさんがいないから」とベッドから起きてきてしまう。一緒にベッドに戻り、1時間ほど寝る。痛みは感じなかった。

6:00

息子が起きたので一緒に起床。朝食を作るには腰が辛く、立って動くとお腹に響くので、しばらくリビングで座って過ごす。
時々なんとなく痛い。お腹はずっと張っている感じ。

8:00

近所の喫茶店へ車で行く。モーニング食べる。
歩くたびにお腹に響く感じで普通にスタスタは歩けない。痛みは感じたり感じなかったり。

9:15

一応、病院に電話してみる。今日は夫が仕事休みなので、立ち会うにはベストな日。期待半分で…
痛みは強くないけどずっと張ってる&定期的にキューっとなる、というと、来てください、と言われる。

10:00

夫、息子とともに病院に到着。
診察と点滴。痛みどころか張りまでなくなってきた気が…子宮口は5センチ。私は散歩に行く気まんまん。

11:00

病院の近くのお祭りに出掛ける。歩くとしんどい。
3日前の臨月妊婦の会で散歩したルートだが、そのときと同じ様には歩けない。でも痛みはないので生まれる気がしない。今日は無理かも…と思う。ただ、翌日に予約してある妊婦の会に出ても、あの散歩にはついていけないな、と思う。
お祭りの出店で春巻きを食べる。夫はソーセージ。息子は動物と戯れる。喉が渇いたので自販機でお茶を飲む。

12:00

帰り道、息子がちょっとダダをこね、おんぶして戻る。途中で息子は寝た。
私は病院の昼食を食べ、夫は外に食べに行った。が、マックをテイクアウトして戻ってきた。
そして痛みも張りも消えた…前駆陣痛だったの?帰ったほうがいい?いろいろ考える。
「帰れるなら帰りたい?」と助産師さんから訊かれるも、うーん。帰りたくはない。今日産みたい。でも出てくる気がしない…
痛みはないが張りっぱなしではある。歩くとお腹に響いて、いつもと同じようには歩けない、と言うと「じゃあいてほしい」と言われ、いることにする。
スクワットをしてみたりする。

14:00

息子が起きたので院内をウロウロして遊んでみる。夫は夫で腰を痛めており、息子の相手としては戦力不足である。

15:00

少し強い痛みを感じはじめる。7-8分間隔だけど不規則。だんだん、痛みの間は会話が辛くなり、これは本陣痛になると感じる。もしかして今日生まれるかも!?と思う。
前回は促進剤のんで陣痛開始から4時間後だったので、20時くらいか?22時か?と夫と話す。
いずれにしても息子はやんちゃばかりするので、おばあちゃんたちに連れてかえってもらうことにする。
夫、カメラのしたくをする。

16:00

点滴の効果が切れたので、再び点滴。診察。
息子、おばあちゃんたちに連れて行かれる。
痛みが強まってきたと伝える。この診察が痛かった。子宮口は8センチ!助産師さんがお産の準備を始める。
痛みの間隔が短くなったが、横になったら落ち着いて、また7分になってしまう。痛みは強くなり会話ができなくなる。

この辺から時間記憶曖昧

次の陣痛で全開になるよ〜と言われる。えっもう?みたいな感じ。次の陣痛どうこらえよう?と思っていたのに。
破水。夫がいなくて焦る。(自販機でコーラを買っていた)
いきみ開始。5-6回?最後は夫に手を握ってもらう。

17:09

生まれた。

18:00

義両親、息子がやってきて、娘と対面。

感想

  • 今回のお産は大満足。陣痛スタートで、LDRは広い個室で、家族でゆっくり過ごしながら出産できた。夫も立ち会えたし。助産師さんもちゃんとついて(当たり前か?)たし。分娩台に固定され医療の都合に合わせて生まされた感のある前回のお産…そのモヤモヤを払拭してくれたいいお産でした。
  • 本陣痛が始まってからの進みは半端なかった。普通にやり過ごせた痛みは10回もなかった。これが来てから病院に連絡していたのでは遅かったと思う。
  • 切開もなかったし、後陣痛も前回よりひどくない。ソフロロジーのおかげで、陣痛の時に赤ちゃんを意識することができた。
  • 赤ちゃん返りが防げるとのことで、息子も立ち会わせたかったのだが、2歳の息子が立ち会うには…やっぱり実母がいないとダメだと思った。義母にLDRに入ってもらうのはさすがにちょっとためらいがあり、頼めなかった。おとなしい子ならいけたのかなぁ。夫の腰が良ければ平気だったか? 何にでも興味津々な子なので、専属で制御する人が必要だった。